J-Bike.com バイクのネタ帳 バイク関係の話題あれこれ

バイク雑誌狂想曲

80〜90年代のバイクブームの頃、数多くのバイク雑誌が創刊されました。
現在も続くものもあれば、消え去ったものもたくさんあります。

バイク雑誌の変遷やその内容を見ていくと、その時時の流行、社会情勢、生活や経済状況も垣間見えたりします。

そこで、手元にある古い雑誌を開いて、当時の様子などを覗いてみようかと思います。
名付けて「バイク雑誌狂想曲」。

個人的に持っているものなので、時代やカテゴリーなどにかなり偏りはありますが、当時の特集記事や広告、イベントレポートなどを見ると、懐かしさだけでなく、バイクの未来を考えるヒントが何か見つかるかもしれません。

とりあえず今回は、写真にある創刊号4誌とその後について。

別冊モーターサイクリスト、ゴーグル、サイクルワールド、サイクルサウンズオフロードの創刊号

「懐かしい」と思う人もいれば、「見たことも聞いたこともない」という人もいるでしょう。

現在まで続いているのは「GOGGLE」のみ。ただし月刊から隔月刊に。
「別冊モーターサイクリスト」は2015年で37年の歴史に幕を閉じました。「CYCLE WORLD」は1990年で休刊。レース雑誌サイクルサウンズのオフ版「CYCLE SOUNDS OFFROAD」は創刊後1年で姿を消します(そのサイクルサウンズも2006年に休刊)。

それぞれの創刊号の表紙がいろいろ物語っています。表紙の写真やキャッチコピーを見ていくだけでも面白いですね。

バイクの世界も、雑誌の世界も栄枯盛衰。
昭和は遠くなりにけり?

カテゴリー: バイク雑誌狂想曲 | タグ: , , , | バイク雑誌狂想曲 はコメントを受け付けていません。

20年目の「予想屋選手権!」開幕

世界中でたくさんのモータースポーツが行われています。
北半球もあれば南半球もあるので、それこそ一年中どこかでレースシリーズが開催されていたりするわけです。

その中で、ロードレースの最高峰「MotoGP世界選手権」、市販バイクのトップレース「スーパーバイク世界選手権」、それに「全日本ロードレース選手権」、「全日本モトクロス選手権」は、身近で日本人も活躍するレースシリーズです。

j-bike.com では、これらの選手権に、四輪レースの最高峰「Formula 1(F1)」を加えた5シリーズのレース順位予想を楽しむお遊びサイト「予想屋選手権!」を今年も開催します。

1998年に始めたサイトですから、なんと今年で20年目!

「継続は力なり」とはちょっといい難いですが、長く続けてきたことだけは確かなので、次の10年は「継続」を「力」にすべく取り組んでいきたいと思います。

予想屋選手権!

この予想ゲーム、各レースの順位を予想し、的中ポイントでシリーズチャンピオンを争うのですが、1〜3位の表彰台予想だけでなく、10位も予想するのがミソ(しかも10位の的中ポイントは優勝的中と同等)。
これはトップグループだけでなく、セカンドグループの争いにも注目してほしいことから導入したルール。
20年前は15位予想でしたが、基本コンセプトは変わっていません。

トップカテゴリーだけでなく、開催される各クラスの予想もやっていますので、これからの若手ライダーの名前もいち早く覚えられますよ!

予想のエントリー(受け付け)は、レース前の水曜日から。締切は各レースの決勝レーススタート10分前(全日本選手権は日曜日の午前10時)となっています。

より楽しく、よりマニアックにレース観戦を楽しみたい方は、エントリー(予想)してみて下さい。

MotoGP, SBK, JRR, JMX, F1 予想屋選手権! 2017年度版

カテゴリー: 予想屋選手権 | 20年目の「予想屋選手権!」開幕 はコメントを受け付けていません。

ウェブバイク番組「二輪文化ラジオ」

装いも新たに「二輪文化情報局」としてリスタート助走期間中のJ-Bike.comですが、今年から、日本のオートバイの歴史を探求・整理している「二輪文化を伝える会」とコラボレーションして、ウェブラジオ番組「二輪文化ラジオ」の配信を試みていくことになりました。

今年最初の「二輪文化ラジオ」は、既に1月27日(金)に公開生配信されたのですが、その様子や内容はあらためてお伝えするとして、まずはこの「二輪文化ラジオ」という番組について、ご紹介しておきたいと思います。

二輪文化ラジオ

二輪文化ラジオは毎月第3金曜にライブ生配信

二輪文化ラジオは、今年4年目を迎えるインターネット配信番組です。

当初は、日本のオートバイの歴史について、レジェンドと言われる往年のライダーの方々をゲストにお招きしてお話をお聞きするスタイルでした。

3年目の2016年、アシスタントに声優の難波祐香さん(駆け出しの声優さんであるとともに、お父さんが元ヤマハの契約ライダー難波恭司さんという血筋)を起用、さらに元ライディングスポーツ編集部の安川健一郎さんも「バイクマンガ探偵団」として番組に加わって一気に方向転換。
取っ付きにくい古い歴史的な話から、受け入れやすい割りと新しめ話題を多く扱うようになりました。

しかし、一貫して変わらないのは、経済産業系メインではなく、文部科学スポーツ系に大きなウエイトを置いているということです。
それこそが企業や産業の文化ではなく、本来の「人」が中心の「文化」が作られていくのに必要なことだというのが、二輪文化を伝える会の基本方針だからです。

と、いろいろ分かったような説明いたしまいたが、実は何を隠そう、今この原稿を書いている私こそが、このライブ配信をやっている張本人なのです。
J-Bike.comの中の人と同じですから、コラボもへったくれもないのですが(笑)

これまでの二輪文化ラジオは、アーカイブ版をYouTubeで見ることができます。
興味を持っていただいた方は、ちょっと覗いてみてください。

ちなみに次回の放送は、

カテゴリー: お知らせ | タグ: | ウェブバイク番組「二輪文化ラジオ」 はコメントを受け付けていません。

ただいまリニューアル中

バイクのネタ帳は、ただいまリニューアル中です。

カテゴリー: お知らせ | ただいまリニューアル中 はコメントを受け付けていません。